img1

グローバル対応とIT技術の強化により、今日的に必要な様々なリサーチと分析を行います。F/S調査・市場調査・企業調査などの日系企業の必要とする海外での各種の調査が可能です。中国を中心とした弊社の海外・グローバルネットワーク、知的財産・技術に関する専門性に加え、利用可能な海外データベースの種類の豊富さ、データマイニングでの分析経験は、イニシャルアプローチから問題解決に至る質の深い調査までを網羅することが可能です。

img2

プロパティ社では、法務、特許、技術文献、マニュアル等の翻訳サービスを行ってきました。豊富な翻訳家のネットワークに加え、世界各国に通訳、コーディネータとの連携が図られています。日系企業の海外進出・国際展開に、参入障壁となる言語を様々な角度からバックアップ致します。

img3

海外進出・グローバル対応の最も重要な点の一つは、世界的に優位性のある技術であり、知的資産であると考えます。 「技術系企業のシーズ分析」と「BtoBのニーズ分析」は、特許情報が効果的に活用できます。適正な技術評価や技術経営戦略を確立するために、プロパティ社では知的財産情報データベースを活用して調査を行い、適正な技術評価や技術経営戦略を確立します。 私たちのサービスは、特許調査のエキスパートとして、電気・電子・機械・化学・医療・バイオテクノロジー等の幅広い分野の専門家から構成された、技術調査スタッフに支えられています。適切な調査と技術判断により、日系企業の技術経営戦略をサポートします。

海外調査部門のミッションの一つが、調査を基盤とした中小企業向けの海外進出・国際展開サポートです。海外、とりわけ中国をはじめとするアジア新興諸国は、「世界の工場」としての地位を確立する一方で、「消費市場」として変遷してきました。この様な時代変遷の中で、新しいビジネスチェーンが海外市場で築かれつつあります。中小企業にとっても生産・販売の二つの市場アプローチで海外にかかわっていく時代となりました。プロパティ社では、海外への展開規模に応じた漸進的アプローチを推奨する一方で、急速な時代変化に対応するためにも、これまでのオンライン調査等を更に強化し、気軽にグローバル市場への参入ができるよう努力し続けています。

ところで、中小企業に有利な国の支援策があります!!

Read more